SNS運用 Twitter

【ツイート編】Twitterで反応が取れてフォローしてもらう方法

2020/4/12

困った男の子 Twitterでフォロワーさんが増えないな ツイートが思いつかなくて、あまりツイートできてないな どんなツイートをすればいいのかわからない   こんな悩みを解消します。   本記事では、Twitterの運用方法の中でも特にツイート内容について解説していきます。 結論をいいますと、2ヶ月もあればフォロワーさん数を1,000人突破できます。   私は、53日で達成しました。この記事を書いている時点では、1,500人まで20人となっていて2日間で約200人の方にフォロ ...

ReadMore

副業

【副業※証拠あり】サラリーマンがスマホだけで通勤時間と休憩時間で月6万円稼いだ方法を公開

2020/4/5

困った男の子 通勤時間や隙間時間を有効に使ってお小遣いを稼ぎたい 片手間でスマホのみで稼げる副業を知りたい そもそも副業って稼げるの? こんなお悩みを解消します。   結論からいうと、スマホのみの利用でかつ通勤時間だけで5万円くらいは稼げます。   しかも、作業自体は簡単です。ただ、当たり前ですがラクには稼げません。   過去に私は「ラクに稼げる」という謳い文句に騙され、情報商材に70万円ほど失いました。   これから副業を始めようと考えている方、「ラクに稼げる」は ...

ReadMore

SNS運用 Twitter

【有料級】Twitterのフォロワーさんの増やし方★ツイッターは営業と同じ★

2020/4/12

困った男の子 フォロワーさんがなかなか増えない… フォロワーさんを増やしたい こんな悩みを解消します。   ツイッターにおけるフォロワー数は信頼の証とも言えます。   有益な情報を発信している方はフォロワーさんが多い傾向あります。   しかし、ツイッター始めたてはどんなに有益な情報を発信しても、多くの人に届きません。   それはフォロワーが少ないがゆえにユーザーの目に触れる機会がないからです。   ではどうしたらいいかというと、自分から営業(行動)するので ...

ReadMore

【新規事業】プラットフォーマーの顧客は誰?

ビジネス・キャリア

【最重要】プラットフォームの顧客ターゲット設定

2020/3/5

困った男の子 プラットフォーマーって? プラットフォーマーの顧客は誰?? こんな疑問を解消します。   プラットフォーマーの顧客は、どちらかに絞ろう。   これが結論です。   インターネットの普及により、IT系事業はプラットフォーマーになることを目指してサービス開発する事が増えました。   プラットフォーマーとして開発を進める上で悩ましいのが、【誰をお客さんとするか】です。   こんな事をいうと「そんなのお金を払う方に決まってるじゃん!」なんて声が聞こえ ...

ReadMore

【超効果的】インセプションデッキで事業成長を加速|メンバーの目的を一致

ビジネス・キャリア

【超効果的】インセプションデッキで事業成長を加速|メンバーの目的を一致

2020/3/2

困った男の子 インセプションデッキって? インセプションデッキの進め方は?   こんな疑問を解消します。   インセプションデッキは、プロジェクトの全体像(目的、背景、優先順位、方向性等)をメンバーで共有するためのもの。   プロジェクトの優先事項は常に変化するため、メンバー全員の目指す方向があっていないと成長スピードが落ちます。   サラリーマンだけでなく、アフィリエイターやブロガーでも外注化やチームとして活動する時に役立ちます。   そこで今回は、「イ ...

ReadMore

【実例あり】BHAG(達成できない目標)の信じられない効果とメリット

ビジネス・キャリア

【実例あり】BHAG(達成できない目標)の信じられない効果とメリット

2020/3/2

困った男の子 BHAGって? BHAGの目標設定は効果あるの? BHAGってどうやるの?   こんな悩みを解消します。   結論、ワクワクする目標を見つけられればOK。   BHAGって言葉を知っていても実践できている人は少ないのではないでしょうか。   今回は私が新規事業に携わる中で【2度実証済】のBHAGの方法を解説します。   本記事を参考にすると、自分の潜在能力を最大限に発揮できるようになります。 記事のポイント BHAGとは? BHAGの方法 常 ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

【要注意】プロ人材シェアリングのデメリット

2020/2/27

困った男の子 プロ人材の採用っていいの? プロ人材採用はリスクある? こんな悩みを解消します。   プロ人材は、事業を成長させるキーマンになる可能性があります。   社員を採用するよりコストが抑えられるため、ベンチャーや大企業が次々と採用を進めています。   しかし、プロ人材の採用には見落としがちな穴があることを知っておかないと事業が失敗することもあります。   今回はプロ人材を採用し、仕事をする上で気をつけなければならないポイントを私の実体験をもとに紹介します。 ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

【新入社員必読】会社で出世するために必要な3つの思考

2019/12/8

仕事が出来るようになりたい。でも社会人見習い期間だし、まず何を意識すればいいか知りたいなぁ。 こんな疑問にお答えします。 この記事のポイント 相手に対して常にリスペクトの心を持つ 先ずやって、動きながら考える 仕事をバリバリしたい、稼げるようになりたい、色々目標や考え方があると思います。 この記事では、「仕事でも相手への思いやりが大切」ということを話したいと思います。 具体的には次の3つ。 ・相手の気持ちを考える ・常に動きながら、考える ・勝率10%を受け入れる もしかしたら「当たり前じゃん」と思うかも ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

海外の人に日本を紹介するには歴史を勉強するのが1番

2019/12/5

他の国の人に日本の良さを伝えられない、、、。観光地は勧められるけど、そこを解説するとなると表面的な事しかわからないなぁ、、。 そんな疑問にお答えします。 記事のポイント 日本文化の良さは歴史が教えてくれる 先日、僕はインドから仕事で日本にやってきた方に東京観光をしてあげるようにと上司に言われました。 全く英語が話せないのに、仕事終わりにマンツーマンで約4時間ほどご案内。その時、「英語で間を繋ぐことがこんなに難しいのか」と実感しました。 何より英語力と言うよりは、一般教養としての日本文化をあまり知らないこと ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

大企業の新規事業成功にはプロ人材が必須!

2019/12/4

大企業の新規事業を担当しているけど、思った通りに事業成長しないなぁ。ターゲットやニーズは正しく掴めてるのかも不安、、、。 そんな疑問にお答えします。 この記事では、大企業の新規事業におけるプロ人材採用のメリットとデメリットをお伝えします。 この記事のポイント 大企業の新規事業の成功の鍵はプロ人材にある事がわかる 2017年頃からチラホラ耳にするようになったプロ人材。現在ではその市場も延びており、既にプロ人材に委託して事業推進している企業も増えてきています。 では、ここからなぜ新規事業でプロ人材が有効なのか ...

ReadMore

ブログ

平成4年生まれ(1992年生まれ)が、幼稚園時代から小学校までを振り返るよ。

https://virtualstarparty.org

幼稚園から小学校までの出来事を振り返りながら書きました。

 

ゆっけ幼稚園編

要約

運動大好きで活発な子。かなり自己中でわがまま。優しさ皆無。

 

両親譲りでソコソコ運動神経の良さは恵まれた。短距離、長距離は1番総なめ。外で遊ぶのが好きで、ゲームはたまにやるくらい。

優しくてイケメンな同級生トモキくんに嫉妬していた幼稚園時代。彼の何もかも全てがうらやましかった。サッカーが上手かったような気がする。親が歯科医の同級生がいて、リアルホームアローンみたいな豪邸に住んでいたけど、トモキくんへの憧れは変わらなかった。

当時は担任の先生からはそんな彼も然り、ぼくもジャニーズを目指すように勧められたが、恥ずかしがり屋なので反対。

みのりちゃんという女の子に好かれ、親が迎えにきた帰り際まで園内を追っかけられて帰らなくなって泣いたことは未だに覚えている。

ゆっけ小学校編

要約

スポーツ成績がよく自信満々。相変わらず優しさはなく、ちょっぴり悪いことをしてよく先生に叱られた。

 

下の名前が一緒のマブダチができた。低学年の時は、勉強ほどほどで外で遊ぶことが多かった。

帰宅したら友達の家に電話して、遊びに行っていいか確認するというのが日課。というか、我が家の教育だったっぽい。

小2でスイミングスクールに通い始め、小3でサッカー少年団に入団。

スイミングスクールは、選手コースに所属を移した。その後、チームでリレーにも出場していたが、個人のが得意で一部競技はジュニアオリンピックに出場する選手と何度か競ったことがあったような気がする。ただ、ぼくはジュニアオリンピックには出ていない。選手コースの練習がキツすぎて、泣きながら練習に通うが小4でやめる。

サッカースポーツ少年団では、幼稚園時代と変わらず短距離が得意なのを理由にフォワードに抜擢。とりあえず、ボールを前に蹴られてそれを追うという、技術練習を全くしないサッカー選手でした。高校卒業までサッカーと付き合う。

中学年では、人生初のラブレターをもらった。多分。同じクラスになったやつが結構悪いやつで、連んでいたら同じく悪いことをするようになった。

正義感の強い女の子がいて、一々事あるごとに言ってくるのでよくケンカした。

イジメもよくやった時期。黒歴史。

高学年では初めて好きな子ができてよく絡んでいた。授業中は手紙交換とかよくしてた覚えがある。この時期、無駄にカッコつけようとするよね。笑

スポーツ少年団は、数年ぶりの県大会出場したり、運良く親譲りの運動神経は小学校高学年まで持ってくれて、校内選抜の陸上選手に選ばれたりした。リレーは毎年全国大会に出場して、国立競技場で走る常連校だけど、ぼくの代は出場できなかった。

リレーに全力投球する文化のため、リレーの選手になれなかった子は個人で出場するんだけど、個人で出た子だけが唯一、全国出場決まった。

後ほど知ったこと。ぼくは全力尽くしたし後悔はなかったが、担当の先生は両親に手紙を書いて泣きながら謝罪したらしい。

今となると改めて監督の立場での采配って難しいなって感じる。

気になる子も同じく選ばれ、よくちょっかい出していたことを思い出す。話題ないのに話しかけたり、用もないのについて行ったり。今思うとヤバいやつだね。

そして人生初の敗北感というか、挫折を初めて味わったのが小6。校内の持久走大会はずっと1位だったんだけど、年齢も年齢なので筋力も発達して、キョウヘイというライバルが急に現れた。

彼と勝負して自分のこれまでの功績に傷が付くのを恐れ、オスグッドという成長痛が酷い事を理由に逃げました。本当は走れたのに。走ることすらしないで逃げたわけです。かなり情けないしダサい。きっと親だけはぼくの当時の気持ちを知ってるはず。

もう15年も経ってるのにまだ引きずってるよ。

-ブログ
-

Copyright© sukeblog , 2020 All Rights Reserved.