SNS運用 Twitter

【ツイート編】Twitterで反応が取れてフォローしてもらう方法

2020/4/12

困った男の子 Twitterでフォロワーさんが増えないな ツイートが思いつかなくて、あまりツイートできてないな どんなツイートをすればいいのかわからない   こんな悩みを解消します。   本記事では、Twitterの運用方法の中でも特にツイート内容について解説していきます。 結論をいいますと、2ヶ月もあればフォロワーさん数を1,000人突破できます。   私は、53日で達成しました。この記事を書いている時点では、1,500人まで20人となっていて2日間で約200人の方にフォロ ...

ReadMore

副業

【副業※証拠あり】サラリーマンがスマホだけで通勤時間と休憩時間で月6万円稼いだ方法を公開

2020/4/5

困った男の子 通勤時間や隙間時間を有効に使ってお小遣いを稼ぎたい 片手間でスマホのみで稼げる副業を知りたい そもそも副業って稼げるの? こんなお悩みを解消します。   結論からいうと、スマホのみの利用でかつ通勤時間だけで5万円くらいは稼げます。   しかも、作業自体は簡単です。ただ、当たり前ですがラクには稼げません。   過去に私は「ラクに稼げる」という謳い文句に騙され、情報商材に70万円ほど失いました。   これから副業を始めようと考えている方、「ラクに稼げる」は ...

ReadMore

SNS運用 Twitter

【有料級】Twitterのフォロワーさんの増やし方★ツイッターは営業と同じ★

2020/4/12

困った男の子 フォロワーさんがなかなか増えない… フォロワーさんを増やしたい こんな悩みを解消します。   ツイッターにおけるフォロワー数は信頼の証とも言えます。   有益な情報を発信している方はフォロワーさんが多い傾向あります。   しかし、ツイッター始めたてはどんなに有益な情報を発信しても、多くの人に届きません。   それはフォロワーが少ないがゆえにユーザーの目に触れる機会がないからです。   ではどうしたらいいかというと、自分から営業(行動)するので ...

ReadMore

【新規事業】プラットフォーマーの顧客は誰?

ビジネス・キャリア

【最重要】プラットフォームの顧客ターゲット設定

2020/3/5

困った男の子 プラットフォーマーって? プラットフォーマーの顧客は誰?? こんな疑問を解消します。   プラットフォーマーの顧客は、どちらかに絞ろう。   これが結論です。   インターネットの普及により、IT系事業はプラットフォーマーになることを目指してサービス開発する事が増えました。   プラットフォーマーとして開発を進める上で悩ましいのが、【誰をお客さんとするか】です。   こんな事をいうと「そんなのお金を払う方に決まってるじゃん!」なんて声が聞こえ ...

ReadMore

【超効果的】インセプションデッキで事業成長を加速|メンバーの目的を一致

ビジネス・キャリア

【超効果的】インセプションデッキで事業成長を加速|メンバーの目的を一致

2020/3/2

困った男の子 インセプションデッキって? インセプションデッキの進め方は?   こんな疑問を解消します。   インセプションデッキは、プロジェクトの全体像(目的、背景、優先順位、方向性等)をメンバーで共有するためのもの。   プロジェクトの優先事項は常に変化するため、メンバー全員の目指す方向があっていないと成長スピードが落ちます。   サラリーマンだけでなく、アフィリエイターやブロガーでも外注化やチームとして活動する時に役立ちます。   そこで今回は、「イ ...

ReadMore

【実例あり】BHAG(達成できない目標)の信じられない効果とメリット

ビジネス・キャリア

【実例あり】BHAG(達成できない目標)の信じられない効果とメリット

2020/3/2

困った男の子 BHAGって? BHAGの目標設定は効果あるの? BHAGってどうやるの?   こんな悩みを解消します。   結論、ワクワクする目標を見つけられればOK。   BHAGって言葉を知っていても実践できている人は少ないのではないでしょうか。   今回は私が新規事業に携わる中で【2度実証済】のBHAGの方法を解説します。   本記事を参考にすると、自分の潜在能力を最大限に発揮できるようになります。 記事のポイント BHAGとは? BHAGの方法 常 ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

【要注意】プロ人材シェアリングのデメリット

2020/2/27

困った男の子 プロ人材の採用っていいの? プロ人材採用はリスクある? こんな悩みを解消します。   プロ人材は、事業を成長させるキーマンになる可能性があります。   社員を採用するよりコストが抑えられるため、ベンチャーや大企業が次々と採用を進めています。   しかし、プロ人材の採用には見落としがちな穴があることを知っておかないと事業が失敗することもあります。   今回はプロ人材を採用し、仕事をする上で気をつけなければならないポイントを私の実体験をもとに紹介します。 ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

【新入社員必読】会社で出世するために必要な3つの思考

2019/12/8

仕事が出来るようになりたい。でも社会人見習い期間だし、まず何を意識すればいいか知りたいなぁ。 こんな疑問にお答えします。 この記事のポイント 相手に対して常にリスペクトの心を持つ 先ずやって、動きながら考える 仕事をバリバリしたい、稼げるようになりたい、色々目標や考え方があると思います。 この記事では、「仕事でも相手への思いやりが大切」ということを話したいと思います。 具体的には次の3つ。 ・相手の気持ちを考える ・常に動きながら、考える ・勝率10%を受け入れる もしかしたら「当たり前じゃん」と思うかも ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

海外の人に日本を紹介するには歴史を勉強するのが1番

2019/12/5

他の国の人に日本の良さを伝えられない、、、。観光地は勧められるけど、そこを解説するとなると表面的な事しかわからないなぁ、、。 そんな疑問にお答えします。 記事のポイント 日本文化の良さは歴史が教えてくれる 先日、僕はインドから仕事で日本にやってきた方に東京観光をしてあげるようにと上司に言われました。 全く英語が話せないのに、仕事終わりにマンツーマンで約4時間ほどご案内。その時、「英語で間を繋ぐことがこんなに難しいのか」と実感しました。 何より英語力と言うよりは、一般教養としての日本文化をあまり知らないこと ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

大企業の新規事業成功にはプロ人材が必須!

2019/12/4

大企業の新規事業を担当しているけど、思った通りに事業成長しないなぁ。ターゲットやニーズは正しく掴めてるのかも不安、、、。 そんな疑問にお答えします。 この記事では、大企業の新規事業におけるプロ人材採用のメリットとデメリットをお伝えします。 この記事のポイント 大企業の新規事業の成功の鍵はプロ人材にある事がわかる 2017年頃からチラホラ耳にするようになったプロ人材。現在ではその市場も延びており、既にプロ人材に委託して事業推進している企業も増えてきています。 では、ここからなぜ新規事業でプロ人材が有効なのか ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

ビジネスは交渉力で信頼を獲得せよ!

よくドラマやテレビで交渉人とかやってるけど、実際のビジネスで交渉するってどうやればいいのかなぁ、、、。

そんな疑問にお答えします。

この記事では、交渉するとはどういうことかを解説し、具体例を交えながら日常で起こりうる交渉の仕方を紹介します。

この記事のポイント

交渉する意味がわかる

もう既にやってる?日常業務の中の交渉

交渉してきてと言われると、なかなかハードルが高いと感じますが、交渉にはレベルの低いものから高いものまで沢山あります。

レベルの低いものから徐々に慣れていきましょう。では、早速みていきましょう。

交渉とは?

相手と話合いをして、取り決めようとすること。かけあうこと。

ウィキペデアより

一言でいうと、理想とする形に物事を運ぶことです。

交渉する事で上司や同僚に信頼される

交渉して物事がいい方向に進むと、上司や同僚に信頼されます。

前提として仕事は信頼で成り立つので、仕事で関わりある人から信頼を得る事は昇進や給与にも響いてきます。

さらに仕事の裁量も信頼度で変わってきます。

どうすれば信頼されるか

信頼を獲得するポイントは2つだと思っています。

まず1つ目は、仕事の品質を均一に保つこと。つまり、丁寧に仕事しましょうって事ですね。

とはいえ、当たり前ですが得意不得意があるので、なかなかムラなくやるのは難しいです。

2つ目は、諦めないことです。最初から諦めるのと、自分なりに努力して失敗するのでは雲泥の差があります。

相手の仕事に対する期待値を超えると信頼されるようになります。

交渉の事例

1、広告代理店と定例会を行なっています。よりスピード感を出して対応するために、月2回にしてもらうように打診しました。

すると代理店の担当者からこんな回答が、、、

2回にしますとデータが十分にたまらないため、次の施策の話ができないというのが弊社の見解です。(一部抜粋)

このメールに対して、僕は素直に「わかりました」と回答してしまったんですね。

でも、後日ゆっくり考えてみると、我々は費用を支払っている立場です。向こうの都合などどうでも良いのです。

それに、十分なデータがたまってないというのは、彼らが決めるのではなく、我々が決めることであって、言葉の捉え方そのものを誤っていたなと感じました。

結局、定例の回数を増やすという交渉に失敗したというわけですが、交渉する際の言葉の捉え方と努力することの大切さを学びました。

交渉が苦手という方は、まず言葉のあやに騙されないように何度も見返してみましょう。

-ビジネス・キャリア
-,

Copyright© sukeblog , 2020 All Rights Reserved.