no image

ビジネス・キャリア ペット

生後5ヶ月、ポメラニアンの脚を踏んでしまった時の対処法!骨折かどうか判断する方法アリ

2019/10/14

間違ってポメラニアンの足を踏んじゃった、、、。キーって悲鳴を上げて踏まれた脚を床から離して、3本脚で歩いている、、、。骨折させちゃったかな、、、? こんな疑問に経験者としてお答えします。ペットドクターではないですが、実際にペットドクターからアドバイスいただいた内容も書いてますので、参考になると思います。 この記事のポイント 骨折かどうかの判断は、普段通り歩けているかいないか。 普段通り歩くかどうか少し様子を見る。 ポメラニアンは、骨が細いし骨折しやすいって言います。なので、高いところから飛び降りないように ...

ReadMore

no image

ビジネス・キャリア

カスタマーサクセス」は3つのキーワードで理解する。 HiCustomer 鈴木大貴氏が語る、サブスク時代の顧客との向き合い方

2019/10/4

このページの目次1 サブスクリプションを下支えする「カスタマーサクセス」の考え方 2 「サービスの継続率を高めたい」企業側の意図、「サービスを長く使い続けたい」ユーザーの欲求。 3 まずは「カスタマーにとってのサクセス」を定義する 4 カスタマーサクセスは、この3つのキーワードで実施する 4.1 オンボーディング 4.2 ハイタッチ、テックタッチ、ロータッチ 4.3 ヘルススコア 5 「顧客ファーストな文化」を組織にインストールする サブスクリプションを下支えする「カスタマーサクセス」の考え方 所有から利 ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

【初心者向け】 カスタマーサクセスが注目される理由と、導入を成功させるポイント

2019/10/4

このページの目次1 カスタマーサクセス ≠ カスタマーサポート 2 ミッションであるLTV向上はどのように収益につながるか 3 カスタマーサクセスが注目される理由 4 「売ったら終わり」から「購入された後も」へ 5 カスタマーサクセスを実施する上でまず取り組むべきこと 6 カスタマーサクセス導入の最大の課題 7 まとめ カスタマーサクセス ≠ カスタマーサポート そもそもの話から始めるとすごく理解が進むもの。カスタマーサクセスのミッションは「顧客生涯価値(LTV)の最大化」であり、「解約率を下げること」が ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

決算からビジネスモデルを読み解く思考法

2019/10/3

このページの目次1 1. 決算書が読めることのメリット 2 2.投資家は何を見るか?成長率とSABCランク 3 3.決算を読む際のキーワードは「ユニットエコノミクスまで因数分解」 1. 決算書が読めることのメリット シバタ: 決算からビジネスモデルを読み解く思考法がテーマです。決算が読めると「企業の特徴、課題が数値化して見えて、事業提案の精度が高まり、根拠のあるソリューションが提案ができる」ようになります。 僕が営業、マーケティング担当であれば、決算を読み込んでから提案をします。 例えば、クライアントの広 ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

ラーメンチェーン 一蘭のシステムが学びだらけだった

2019/10/2

このページの目次1 前段 : 流行っているモノより、裏側の仕組み 2 ラーメン 一蘭とは 3 一蘭の最高売上店舗はどこか? いくらか? 4 1)味集中カウンターの狙い 5 2)飲食店としては非常識な採用戦略 6 3)圧倒的に優れたオペレーションモデル 7 まとめ:見えるアウトプットよりも裏の仕組みが大事 前段 : 流行っているモノより、裏側の仕組み 私は、流行っているモノそれ自体よりも、その裏側にある創意工夫された仕組みのほうが気になります。そこにあるアルゴリズムを知ることが、一番ワクワクします。しかし、 ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

【戦略編】敵を知ることの大切さ

2019/10/2

現代の私たちは、戦争をするわけではありません。しかし、「敵」というものは、絶えず私たちの日常に必ず存在していて、様々な戦いの中で生きているのが現状です。 今回は、「敵を知る思考」について、解説していきます。この「敵を知る思考」というものは、勝つ者と負ける者を分ける重要な思考です。それは多くの人が、敵の存在に気づかないまま負けていることに気づいていないからです。 見えない敵ほど攻略は出来ません。敵が特定出来なければ、同じ結果の繰り返しですよね。「敵を知る思考」を習慣化する事で、あなたの目標達成の速度が一気に ...

ReadMore

映画 趣味

『プリズン・ブレイク』から学んだ重要な2つのこと、[計画と実行]

2019/10/2

待ちに待った週末。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか。   今日はそんな週末に見るのをおすすめする、 私が最近見て 「これは人生やビジネスを学べるな~」 と思ったおすすめのDVDを紹介します! (前回もちゃっかり紹介してましたが)   それがこちら、 『プリズン・ブレイク』 っていう海外ドラマです。   おそらく3500人近くいる友達の中で3000人くらいは 「今さらそれかい!」 と大きくツッコミを入れたと思いますが、 何分私が見るの初めてだったんでお許しを!笑   ...

ReadMore

no image

ビジネス・キャリア

話を聞いてもらうための新規顧客開拓の考え方

2019/10/1

今日は、顧客の興味を惹き、話を聞いてもらうコツをします。 これは、飛び込み営業・電話営業だとか、新規開拓に大いに役に立ちます。 基本的に、顧客は自分に関係あると思う話にしか興味はない。 これをぜひ覚えておいて欲しいですね。 顧客は、聞かない、信じない、行動しないという3つの特性があるんです。 なので、新規顧客開拓の時とかは、特に意識してもらいたいのですが、 まず、顧客にとって「関係ある」と思ってもらうような話からしていってほしいんですね。 多くの人が、事細かに、丁寧に話をしようとしますが…

ReadMore

no image

ビジネス・キャリア

営業マンが結果を出す基本的なセールストーク

2019/10/1

ヒアリングを基にして、提案のセールストークをすると言いました。  結論を先に言いますと、「商品を買う理由となる行動すべきこと」を先に伝えて、 後で、商品をに誘導するというイメージです。 今日は提案の仕方についてお話します。  提案とは、自分の扱う商品を嫌味なく顧客にアピールすることです。   押しつけでは顧客は離れてしまいます。  もちろん、顧客が現在使っているものや 他社製品を批判するなんてのはもってのほか。  人間性を疑われてしまいますよね? ...

ReadMore

no image

ビジネス・キャリア

ヒアリングで相手の現状を知り、トークの戦略を考える。

2019/10/1

営業で先輩、あるいはノウハウ本でこういうことをよく聞きませんか? 営業は「話すよりも聞くのが重要だ」と。 実際、自分の実感地としても、業績の高い営業マンはよく顧客の話を聞き、 顧客に話をさせるのが上手い。 あなたはこんなことを考えたことはありますか? 「何のために顧客の話を聞くのか??」 答えは、顧客にとってベストだと思わせる商品の提案をするためなんですね。。 顧客の悩み、「こうしたい」という願望は商品を買う上でのエネルギーとなります。 つまり、営業マンは自分の言いたいように商品をすすめるのではなく、 相 ...

ReadMore

ビジネス・キャリア

ヒアリングで相手の現状を知り、トークの戦略を考える。

営業で先輩、あるいはノウハウ本でこういうことをよく聞きませんか?

営業は「話すよりも聞くのが重要だ」と。

実際、自分の実感地としても、業績の高い営業マンはよく顧客の話を聞き、
顧客に話をさせるのが上手い。

あなたはこんなことを考えたことはありますか?

「何のために顧客の話を聞くのか??」

答えは、顧客にとってベストだと思わせる商品の提案をするためなんですね。。

顧客の悩み、「こうしたい」という願望は商品を買う上でのエネルギーとなります。
つまり、営業マンは自分の言いたいように商品をすすめるのではなく、
相手のチカラを利用して商品をすすめるんです。

相手に響くセールストークをするためには、
相手を知らないといけないのです。

相手の現状に入り込んで、
相手がベストだと思う選択肢を見せてあげる感じです。

その中であなたの売る商品・サービスが、
相手にとって重要な存在だと思わせるのです。

相手の現実に沿って商品を提案し、顧客が商品を買うことに
一切のリスクを背負わせたり、関心のないことを話さないのがコツ。

顧客にとっていかにその商品が必要であり、
いかに魅力に映るかをあなたは伝えなければいけないのである。

つまり、相手の世界観に入り込んで、提案し、商品を魅せるかが勝負なんですね

相手を知るには、そのための努力が必要なんです。
ラポールを築き、いかに気持ちよく本音を話してもらうか!?
そしてこの顧客にとってどんな角度から提案をし、商品を差し出すか?

顧客には、大なり小なり得たい未来あるいは、避けたい未来があるのです。
そしてその未来は、ただで解決するのではなく、何か行動をすることにより叶うのです。

「その行動=商品を利用すること」なんです。
これを基にあなたの営業を少し振り返ってみてはどうでしょう?

攻める角度はヒアリングした上で考え戦略を立てるのです。

  • この記事を書いた人

ゆっけ

-ビジネス・キャリア

Copyright© ゆっけは考えた , 2019 All Rights Reserved.